BOCCOの田舎暮らし

さよなら9月

また来年。







10月から出展シーズンの到来です

スケジュールは追ってお知らせします


スポンサーサイト
  1. 2017/09/30(土) 17:01:38|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハチガツ

7月と8月の暑さに違いはあるのか?ほんの少しカラっとしたきがします。



昨日、夕方に外へでてみると幻想的な空がひろがっていて、わぁーー!てなってすぐにカメラを取りに戻りました。8月さいしょの日。

boccoは出展が落ち着いたので、新たなモノづくりに気持ちを切り替えて頑張っています。秋の出展に新作を連れて行けたらと思っています。
製作の日々 またお知らせします。



草木染めのポーチも好評です。こちらは山羊の革を使用しています。

暑い日が続きますが、みなさまに暑中お見舞いを申し上げます。心とからだを大切に、夏を乗り切りましょう。





  1. 2017/08/02(水) 15:48:45|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不思議な現象が

私にしては丁寧に

草を抜き
土を起こし
腐葉土をまき
種を蒔いて
水をやり…
育てたつもりの藍

夢にみていた藍染めができるかも。

芽が出てよろこんで
、、、でもなんか違和感。
いやいやそんなはずはない
そんなはずはない

気がつけばきれいに整列した
ねこじゃらしが生えていました



とさ。



  1. 2017/07/09(日) 10:42:23|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子育てについて

この前の日曜日、久しぶりに広瀬冒険あそび場に行ってきました。車で3、4分くらいの家から近くにあって毎月開催されています。私たちが広瀬を知るきっかけになったひとつに広瀬冒険あそび場があります。


あるイベントで配っていたあそび場のチラシに目がとまり、その内容にとても好感をもちました。遊び場でこどもたちは火も使うし釘やノコギリを使って工作してもいいし、木登りや水遊びで泥んこになってもOK!ただし大人は口出しせずに「見守る」こと。
あれしたら危ない、これしたら汚れるからダメ!こうした方が怪我しなくていいよ、、、とか言わない。
こどもは自由なんです。怪我して血が出たら、次はどうやって上手くやれるか?自分で考えます。火でやけどをしたら火の熱さを知ることができます。失敗をしながら次はどうやるか?体当りで学んでいきます。

そういう子育てに「なるほど 確かに!」と共感できます。大人が転ばぬ先の杖みたく口出しするのは実はこどもにとっては余計なお世話なのかもしれませんね。こどもが大きくなってもそう、親の言うことは間違いないと思っていても人生を選び切り開いていくのはこども自身ですからね。そこで失敗しようが後悔しようが自分で決めたこと。親はぐっと我慢して見守る大切さを冒険あそび場で学んだきがします。

できるかどうかは自信がないけど、自分も「見守る」おとなになりたいなぁと思います。




  1. 2017/01/27(金) 15:53:27|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩秋のイロイロ

今朝は気持ちのいい天気できれいな雲海が見れました。この時期の雲海はめずらしくないけど、今日のは特にすがすがしい光景でしたよー。




先月の稲刈り会から約1カ月経った12月2日、ようやく脱穀の作業が終わりました。
なかなか都合がつかなかったのと天気の関係でやっとこさこの日に作業することができました。
結局ご近所のおじいちゃんに脱穀機を借りて、おじいちゃんに指導してもらいながら全部手伝ってもらいました。
去年より耕作面積が増えたにもかかわらず、脱穀作業は2時間もかからずに終了。去年は私たち夫婦で、友人宅から借りた足踏み千歯扱きで丸一日かけてひーこらいいながらやったのに…。機械のスゴさにひれ伏す。。
残すは籾摺りだけー あと少しだー。


夏の終わりから気力と体力が追いつかずいろんなことが後回しになってたけど、少し前から元気になったのでやっとこさ柚子を収穫したり(収穫したものの、加工する時間がなかったりして…)ずっとやってみたかった草木染めを、こんなんかな~とかなり適当にやってみたり。春に仕込んだ味噌を解禁してみたり 庭にあるビワの葉でビワの葉エキスを作ったり(これは以前から作り続けています。やけどとか虫刺されとか、喉がいたい時とかなんでも使えるので)あと収穫して枝ごと干しておいた大豆もずっとほったらかしだったので、やっと豆を取り出しました。
去年はたくさん豆が採れたので、自家製の豆で味噌が作れたけど今年はほんの少ししか育たなかったので豆は来年の種用に取っておくことにします。毎年同じ種で植えたら土地に合った豆ができるかな?

畑?(畑と呼べるようなものでは全然ない)はまだ荒れ地から開墾したばかりなので土も硬いし蔦の根っこがいっぱいあります。自己流のほったらかし農法でもこれでは作物も負けてしまいそう。なにもかも少しずつ、よくなればそれでいい。


boccoのブログからかなり離れてしまった~!!次回はきちんと書きます。



おまけのオフショット
職人の手。


  1. 2016/12/06(火) 03:26:42|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ