BOCCOの田舎暮らし

排毒の季節

春は、冬に溜まった毒素を排出する季節だそうです。春先に食べる蕗のとうやよもぎ、つくしなどの野草の苦味やエグみは排毒を促すのだとか。

今日、子たちが保育所でお散歩の時に摘んできてくれた土筆をいただきました。つくだ煮とか卵とじがいちばんベターな食べ方なんだろうけど、あえてオリーブオイルと塩・醤油で味付けしました。
つくし自体が独特な味がするのに加えて、甘くない味付け故か長女はふた口くらいでもういらない と。ヘタ取りとかよろこんでしてくれたのにね。。

少しでも、季節のものをいただけたので満足です。

あと冬場に流行っていたのが干し野菜のスープ。料理のときに出る野菜の皮やヘタ(にんじんとか玉ねぎとかしいたけとか、大根の皮、キャベツの芯とか、、スープにしたらおいしそうなやつなんでも)を外で乾燥させるだけ。乾いた野菜くずを煮出してスープにすると美味しいんです!冷凍して取っておいた鶏皮と一緒にスープにしたら、さらに旨し。コンソメスープの代わりに使っていました。冬場は乾燥していて野菜も腐らないのでカンタンにできて楽しめました。

身の回りにあるものを余すことなく活用できた時にはすごく満足感があります。棄てられるモノも救われたかんじですね。



本文とは関係ないけど庭のオオイヌノフグリ。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/25(土) 03:56:45|
  2. 暮らし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いよいよ始まります | ホーム | ぷちひろま ありがとうございました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bocco8656.blog.fc2.com/tb.php/146-21959ebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)